ご挨拶

武藤 幸規
代表取締役会長
武藤幸規
 本年初頭からの世界的な新型コロナウイルスの大流行に際し、改めて感じるのは、特積事業者としての当社の使命です。
 現下のコロナ禍にあっても、事業の維持拡大とともに、社会的存在として、輸送をしっかりと成し遂げることを、使命として心得ねばなりません。
 また、コロナ後の社会のテーマも、今日意識されてきていますが、経済優先の社会から、社会的価値重視の社会へと、徐々に変化していくとの見解が重きを増しています。
 いわば「利他主義」への転換です。
 当社創立から約80年間、今日まで事業を維持拡大して参りましたが、社会的価値を今まで以上に重視し、新たな会社運営の基盤として取り組んで参ります。
 今後とも、皆様の様々なご用命にしっかりとお応えして参りますので、ご愛顧のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。
米田 総一郎
代表取締役社長
米田総一郎
 私ども第一貨物は、昭和16年に会社を設立以来、お客様と共に物流を通して社会を支え、今年度創立80周年を迎えます。
 足元の環境を鑑みますと、コロナ禍による未曽有の景気後退懸念が顕著になっている一方、私ども特別積合せ事業を中心とした物流という社会インフラへの期待は益々高まっているものと思われます。輸送品質の一層の改善を図り、お客様のニーズに合ったサービスを提供して参ります。
 今後もこれまでお客さまからいただいてきた信頼や信用に甘んじることなく、時代の変化に積極的に挑戦してまいります。
 何卒、あらゆる輸送と物流についてのご用命を第一貨物に賜りますよう、お願い申し上げます。